2015年12月30日

学資保険の資料請求をすると、こうなります。

横浜のファイナンシャルプランナー
FP王子こと高橋成壽です。

かつては元本割れが当たり前でした学資保険も
最近は、元本割れしない商品が増えてきました。

元本割れしない分、保障としての要素があまりない商品が多いんですが・・・

ところで、最近学資保険の資料請求をWEBでされる方が増えていると思います。
資料請求ですから、資料だけ送ってもらうのがベターなのですが、

実際に加入する際には、保険会社のプランナーさんと合わないといけません。
※生命保険は基本的なルールとしてプランナー(募集人)と会って加入となります。
※ネット生保はプランナーと会わなくても加入できますが、学資保険の取り扱いはありません。

実際に、プランナーと会ってみると、
学資保険の話はほとんどしてもらえず、
売りたい保険の話ばかりされてうんざりした・・・という声が聞かれます。

なぜ、この保険会社のプランナーが学資保険の話をほとんどしなかったか・・・?
わかりますか?

かつて保険業界に在籍された方、現在保険業界に在籍中の方ならお分かりになるでしょう。
営業成績上の問題です。
学資保険とか年金保険など、資産性があって、名前だけで売れてしまう保険商品は、
営業成績上のカウントがつかないか、あってもごく僅かなのです。

ですから、本音を言えば販売するインセンティブは無いわけです。

実際に、保険会社にとって学資保険は、お客様とプランナーをつなぐ接点としての
位置づけにしている会社がおおく、学資保険をきっかけに、
保険会社が儲かる商品を売るための機会をつくる商品、
それが学資保険となります。

これを知ってしまったら、
学資保険の資料請求や相見積をする気にならないですよね?

ですから、安易な資料請求は、
煩わしさを増やす結果になる可能性があることを
心得てください。

posted by kotobukifp at 00:00 | TrackBack(0) | お役立ちマネー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

新生銀行 マネーレッスンの連載第二回目がアップされました。

こんにちは、寿FP 高橋です。

お蔭さまで、新生銀行さんのコラム連載
第二回目がアップされました。

本文はこちら

年末年始の保険見直しの参考になさってください。

posted by kotobukifp at 16:28 | TrackBack(0) | お役立ちマネー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

12月15日(火)放送予定のフジテレビ直撃LIVEグッディ!に生出演いたします。

本日12月15日(火)放送予定の
フジテレビ 直撃LIVEグッディ!に

生出演いたします。

明日のニュースを専門家として解説予定です。

是非ご覧ください。

緊張するな〜。
posted by kotobukifp at 01:08 | TrackBack(0) | メディア露出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

TBS 噂の東京マガジンさんより取材。

ちょっと前の話です。


思い出したので筆を起こします。


先日、フジテレビ グッディ出演後に、
TBS噂の東京マガジンさんから電話で取材がありました。


小型飛行機が民家に墜落した件で、
保険金が下りていないということでした。


何故か?と聞かれたのですが、
いきなり聞かれてもわかりません!涙


でも、色々思い当たる節はあります。


そもそも何が原因で事故が起きたの?
はっきりしないですね。


小型機のためフライトレコーダーがなく、
調査が難航しているとも聞きました。


ざっくりと大枠だけとらえると、
いくつか考えられるのは・・・・


■自宅の火災保険、ちゃんと入ってました?
■二階に突っ込んだので、一階が使えるとすると、
一部しか保険金がおりないかも?
■パイロットが亡くなっており賠償できるの?
■パイロットが社長の会社に賠償負担できるの?
■飛行機に保険はかかっていなかったの?
■定員オーバーだとすると、保険は免責にならないの?
■航空法違反等、法律違反の場合、保険はおりるの?
■飛行機メーカーは補償しないの?

などなど、

もしかすると現時点では保険金が支払われているかもしれませんが、
思い出したので書いてみました。

もう3か月前のことです。
posted by kotobukifp at 01:05 | TrackBack(0) | メディア露出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

オイルマネー日本株市場より撤退の兆し?

先日日経新聞に、


「サウジ系、日本株運用縮小」


という記事がありました。


原油安のため、国家財政が悪化したサウジアラビア通貨庁が、
日本株式を売却し、収支改善を図ったように書いてあります。


投資額にして1/3(半年前比)とのこと。


撤退戦としてはいい時期かも知れませんね。


そして、撤退がいれば投入もあり。


日経平均は19,000円台を上下しています。
posted by kotobukifp at 00:00 | TrackBack(0) | 内外経済動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

外貨MMFの売却はお早めに。

2016年から証券税制が変更になります。


金融所得課税の一体化ということで、
従来非課税であったものにも課税対象を広げます。


例えば、外貨MMFは売却時の利益に対して非課税であったものが、
今後は、課税対象になります。


約20%の課税。


つまり、利益に対して手取りが8掛けになるということです。


だから、利益が出ているの出れば、売った方がいいよね、という話。


今、120円台ですから、昔から外貨MMFをやっている方は利益出てないですね・・・
最近投資した方だけでしょうか・・・
むしろマイナスの方もいるのかも。


10年前流行った外貨MMFですが、
利率の低下とともにうまみが減少し、
単なる為替取引然とした投資になっていましたので、


80円から120円くらい急激に為替が動くのであれば、
投資する価値はあったと、後付けですがわかります。


あとは、外債も来年から課税対象ですので、
利益が出ている方は確定売りするのも一案。


判断材料は課税だけではありませんが、ご参考まで。
posted by kotobukifp at 00:00 | TrackBack(0) | 内外経済動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする