2016年04月28日

第48回 経営指針作成部会 4日目

司会が終わってホッとしてしまいました。
GW前最後の講座。

4つのグループに分かれてのディスカッションです。
私の参加したチームは、職人系のお仕事のお二人でした。

模造紙に書いた、企業目的と事業目的を表すキーワードを読んで、
先輩経営者と直近の私たちがコメントをしていきます。

深いことをいえるようなレベルではありませんが、
自分が社員だとしたら、社長の課題をどのように評価するだろうか、
という視点でコメントしました。

上から目線とか、怒られそうとか、
先輩経営者からの自由闊達な意見にへこむ受講生。
いつか来た道。気持ちはわかります。

でも、ここを乗り越える必要があるのです。

2時間のディスカッションの後は、
経営方針、経営戦略、社風づくりの講義。

脳みそがエネルギー切れになる3時間でした。
ディスカッションは受講生でないと楽しい!と感じます。
※厳密には自分も仮免許受講生です。

自分が受講していたときは、
客観視できていなかったと反省。
面白い勉強ができました。
posted by kotobukifp at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

第48回 経営指針作成部会 3日目

3日目の経営指針作成部会。
司会は私。唯一の社員動向推奨日です。

進行慣れしているつもりでしたが、
大勢の経営者と、受講経営者の前で、
失敗できない緊張感がありました。

すごい迫力・・・汗

まずは、宿題の発表から。
企業目的、事業目的を発表し、
先輩経営者からコメントいただきます。

1人1人なのですが、延長延長。
話が長い人は嫌われますよ!と言いたいくらい、
皆さん熱く語ります。

その後改めて、企業目的と事業目的の講義。
休憩をはさんで、経営理念の導き方について講義。

皆さん、熱心なのですが、
社員さんを連れてきた経営者は二人だけ。

もったいない。二度とないチャンスを逃しましたね〜。
チャンスの女神は前髪が無いと言われますが、
社員さんのフィードバックを受ける貴重なチャンスを、
2人しか手に入れることができませんでした。

この部会自体をチャンスとしてつかむことができるのは、
果たして何人いるのでしょうか?

私も含めてチャンスを生かせるか?
経営者としての覚悟が試されます。
生半可は許されない、経営指針作成部会。

すでに3人リタイアしております。
経営と同様、過酷なサバイバルレースと化しています。

最後は、模造紙の宿題解説をして終了。

終了後は、司会の重責を終えた自分に乾杯したく、一杯飲みました。
先輩たちは終電コース?

勉強会も交流会も身になる時間となりました。
posted by kotobukifp at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

第48回 経営指針作成部会 2日目

2日目の第48回 経営指針作成部会。

前回の宿題であった企業変革支援プログラムの結果発表からスタート。
社長、役員、社員との意識の差、現状認識の差が表れるこの課題。

ギャップがあっても悩ましく、
ギャップが無くても数値自体が低いとより悩ましいという、
経営者泣かせの課題です。

前回私が気づいたのは、
自分自身の無限の可能性。
伸びしろしかない・・・笑

続いて、
経営目的についての講義、
労使見解の講義、
経営理念づくりについての講義。

参加者感想を終えて無事に3時間の講座が終了。

脳みそが疲れます。

終了後は、47部会と48部会の情報交換会。

改めて落ち着いて受講することで、
新たな気付きを得る仕組みの経営指針作成部会、
連続参加制度。

これで○○万円はリーズナブルですね〜。
これから毎週飲み会なので体調に気をつけねば。
posted by kotobukifp at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

第48回 経営指針作成部会スタート

待ちに待った、というべきか、
神奈川県中小企業家同友会の名物講座である、
経営指針作成部会の第48回目がスタートしました。

司会進行は、我らが部会長。
レインボウ・クルーの橋本社長。
元プロのハードロックドラマーです。
心が熱い!

私は47部会のため、今回の48部会の全出席をもって、
晴れて卒業となる見込みです。
※直前の部会の参加者は、まだ受講生という位置づけです。

自分の部会では、先輩経営者のコメントが理解できず、
消化できず、吐き出したり、無理やり飲み込んだり、
色々悪戦苦闘しましたので、経営指針の仮免許を取った今。

これからは、路上でおっかなびっくり経営指針に磨きをかける段階。

経営労働委員長が交代し、記念すべき1回目。
我々受講生も緊張が漂います。

講座の内容は、経営指針の解説や、経営者としての夢の書き出しなど、
理念経営を始めるにあたってのはじめの一歩となる内容。

わたしも改めて書き出しましたが、
昨年勉強したことの見直しのなか、
自社の創業理念との邂逅。

続いて、企業変革支援プログラムの説明と、
次回までの宿題の説明を経て、
3時間にわたる経営者の、経営者による、経営者のための講座の初回が無事に終了。

終了後は先輩経営者の方との交流会。

といっても、既存の参加者は皆さん顔なじみ。
私は、同期や知り合いの先輩経営者の方と談話。
48部会の皆さんは、まだなじめず居心地が悪そうです。

居心地の悪い環境で、自分に変化を起こすことも、
経営者にとっては必要であると感じます。

次回も楽しみです。

経営指針を作成していなかったら、
今頃弊社は存在していなかったかも・・・
と思える今日この頃。

自社経営も頑張ります。
posted by kotobukifp at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする