2016年08月29日

ダンナの遺産を子どもに相続させないで アマゾンレビュー

今年に入っても引き続きメディアへの露出がありましたので、
拙著のレビューも少しずつ増えてきました。

メディア露出は
2016年4月フジテレビ グッディ
2016年7月婦人公論
2016年7月TOKYO MX モーニングCROSS

書籍購入の一助にしていただけると思いますので、
レビューを紹介いたします。

■佐藤さまのレビュー

「遺産相続で実姉ともめて仕事にならない…」自営業の友人がこんなことを嘆いていました。
帯の「相続税や相続争いと縁は無い!とお考えの方にお勧めします!」の文字が目にとまり、
読み進めることにしました。「相続争い」の件数は、この60年間で12倍、
「大して財産などない」と思っている家庭ほどもめる、お金の「勘定」ではなく、
心の「勘定」が、もめる原因…など、まさに他人事ではないんだなと身にしみました。
 これまで「老後」「お金」「相続」というキーワードは避けて通ってきたので、
前半部で一気に現実を突きつけられる思いでした。
「知らないって怖いことだな」というのが正直な感想です。
おかげで「漠然とした不安」が「明確な不安」になりました。
考えるべきことが具体的になりました。
 「老後」「お金」「相続」について、
一から考え始めようという方はご一読されることをお勧めします。

■Amazonカスタマーさまのレビュー

母親から相続関連に関する質問があったので情報収集しようとして、こちらの本にたどり着きました。
50代以上の女性向けに書かれている本なので丁度よいかなと思いつつも、
「子ども」という立場の自分にとっては、かなり挑発的なタイトルなので迷いました(笑)
中身については、もちろんファイナンシャルの情報も盛り込まれていますが、
最終的に「どうしたらこれからの余生をよりよく、幸せに生きていけるのか?」
というライフプランにおいてよくある問題提起と解決の手段が提示されていました。
ライフステージにおいて変化するそれぞれの立場、心理を踏まえ、どうしたら関係者が納得のいく相続が出来るかの手段が書かれています。
読み進めるうちに、「どうしたら子どもの立場としてのどうしたらファイナンシャル的に有利になるのか!?」という視点が強すぎたと反省。
それぞれの立場になって考えなくては、と大きな学びと気づきを得ました。
タイトルを「50〜70代の女性のみなさまへ 家族も自分も幸せでいられる相続とは?」など、
もっと工夫した方がよいと思い、星は1つ減らしました。

■らざさまのレビュー

タイトルにインパクトがあったので読んでみました。
商品説明にある目次などを拝見すると内容はそんなにかっとんでいないだろう…と思ったのもありますが。
読んでみて、これはタイトルが本文にあまり合っていないのかもー!と思いました
(それが私にとっては良い出会いになったので☆は5です!)
日本人がさりげなく避けてしまう金銭問題がしっかりとケース説明付で丁寧に解説されている本だったからです。
勿論、遺産をどうすれば一番いいのか…というのも丁寧に説明されていますが、
何よりも老後を過ごすにはいくらぐらいの資金が必要であり…という将来設計を考えるためには必要な情報が網羅されています。
こういう本は敬遠しがちなのかもしれませんが、タイトルにひかれて購入してみて良かったかもです(笑)

■イチカワさまのレビュー

相続問題。恐らく近い将来、自分にも関わってくるのだろうと思いつつ、
関連本を手にとってはみるものの、難解だったり、死を業務的に扱っていることへの嫌悪感などで、
ついつい、もやもやとよく分からないままにしていました。
この本は、家族を、母親を、そして自分自身を守るためにはどうしたらよいのかという視点で書かれており、
親族全体で幸せになる方法が、具体的なデータと共に、とても分かり易く解説されています。
親の老後、そして自分自身の今後の人生設計を考える、とてもよいきっかけになりました。


■yourkeyさまのレビュー

まさに両親が60代半ばで、自分はひとりっ子。
気になりつつも、どんな知識を身につければよいかも分からず、考えることを先延ばしにしてきました。
専門的な言葉にも分かりやすい解説があり、読みやすかったです。
これをきっかけに、両親ときちんと話をしたいと思います。
漠然と不安だったことが、何を検討すればよいか、何をすればよいかが明確になり、すっきりしました。


■pokkyさまのレビュー

法定相続分通りに分配するものだとばかり思いこんでいました。
でも、働いて収入を得るのが若い人以上に厳しい老後は、自分の身は自分で守らなくては…。
子供たちの結婚・出産などにはそれなりにお祝いすればこういう方法もありかな、と。


皆さま、ありがとうございます。

メディアに出るのも嬉しいです。
書籍をご購読いただけるともっと嬉しいです。

お近くの書店か、アマゾンでご購入下さい。
現在、神奈川新聞に定期的に広告を入れていただいていますので、
神奈川県内の有隣堂などでは書店にあるものと思います。
posted by kotobukifp at 01:37 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック