2017年01月25日

保険セールスパーソンのお悩み解決 営業手法

好評連載中の
お客様に「是非会いたい!」と喜ばれるトーク・スクリプトを組み立てる、は
無事に連載1周年を迎えました。


以前の、お金の学校「FP資格を活用した保険セールス」からですと丸2年。


紙面を拡大して詳しく解説できるようになったため、
ランクアップチェックシートの資料請求も増えていると聞いています。


このメルマガに登録いただいている、全国の保険セールスパーソンの皆様には、
楽しみながら日々のお仕事に取り組んで頂ければ、
連載やメルマガのやりがいがあります。


*****************


ところで、
前回の質問やお悩みを募集したところ、
何名かの方から、お問い合わせを頂くことができました。


営業手法、
セールスプロセス、


に関するテーマに関心をお寄せいただいていると感じました。


営業手法に関しては、会社で指定されている場合は、
営業方法は従う必要がありそうですが、
工夫の余地は色々とあると思います。


創意工夫にその方の個性や姿勢が表れるはずですので、
すぐに結果が出るとは思いませんが、
気長にコツコツ続けることも必要でしょう。


ある調査によると、いいアイデアを思い浮かべても、
実際には試しもしない人がほとんどだそうです。


試しても1回だけ。


これでは改善の余地もなく、
結果が出なかったという事が1回だけわかるのみ。


PDCAと言いますが、
仮説検証が非常に大切であり有効であると思います。


営業方法に確立されたものはありません。
飛び込み、知人、紹介、セミナーなど、
正解が無いからそれぞれの方法で成果が上がり、
共存できるのです。


1つの方法しか結果がでないのであれば、
業界として何十万人もの雇用を生むことはできませんし、
保険会社自体が大きくなることができません。


お客様のための提案をするのは当たり前ですが、
その上で、皆様の生活をまもりやりがいを感じ、
保険会社や保険代理店にも貢献するような
セールスパーソンになれれば、
お客様からも頼りにされるでしょう。


自分はなぜこの仕事をしているのか、
仕事の意義は何か、
営業手法の特性は何か、
どんな人たちにどんなサービスを届けるか、
そのような目線で考えると、
いい営業ができるはずです。


すこし概念的ですが、
その方がイメージも膨らむでしょう。


まずは、アイデアを1つだし、試しに実行してみる。
是非、やってみてください。

保険セールスパーソン向けのめるまがはこちら
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTybkbc
posted by kotobukifp at 12:35 | TrackBack(0) | 保険セールスパーソン向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック