2011年07月18日

なでしこネタ

FWなのに、1バックってどういう名前だよ?

って、思いませんでした?

トップなのに1バック、
サッカーネタですみません。

アメリカと日本、
和田アキコと勝俣位の体格差がありましたね。

ワンバックが和田アキコと言っているわけではありません。
あしからず。
posted by kotobukifp at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なでしこジャパンサッカー女子W杯制覇!

おめでとうございます!

朝、4時半起きで、後半から観戦しました。

なぜ、後半からか・・・というと、
私の結果予想が0−3か0−0だったから。

0-3だったら見たくないし、
0-0の試合は見てると疲れるので、
後半からにしました。

眠いのもありますが。
(二時半くらいから目が覚めてました)

しかし、後半開始早々に、アメリカの攻撃を見て、
(負けるのも)時間の問題だな、思いました。

それくらい、サッカー経験者からすると、体格や攻撃力に差がありました。

そして、案の定失点。

しかし、皆さんごらんのとおり、ものすごい粘りでしたね。
世界ランク1位に対して、
精神面で負けないっていうのは、とてもすごいことです。

サッカーやっていて、一点取られて意気消沈するチームは非常に多いのですが、
ましてや相手が格上であると、もう駄目。

なでしこジャパンは、色々な意味で常識を覆しました。

アメリカは、ゴール前で焦るんですね、
強いからそこまで攻められることもなく、
慣れていないのかも知れません。

クリアがひどい・・・
そしてそこが狙い目でしたね。

同点の沢選手のシュート、
右のアウトかヒールでしょうか?
すごいところから、すごいシュートですね。

実は、2か月前位に、
外苑前駅の近辺で沢選手を目撃しました。

そのときは、ケチがつかないように、
声掛けなかったんですが(知り合いではありません)。
声掛けなくてよかった。

でも、声掛けておけばよかった、
と思いました。

あの当時、
沢選手を沢選手と認識したのは、
サッカーやってた私くらいでしょう。

そのくらい普通の女性でした。

いやー、MVPと単独得点王、
すごい、すごすぎます。

女性は、ソフトボールもすごいし、
サッカーも金メダル取るし、
やはり女性の時代ですねー。

ひたむきなプレーが好印象ですね。

ちなみに、にわかなでしこファンな私は、
宮間選手のキャラクターが好きです。

同点弾でベンチに駆け寄ったり、
PK決めてガッツポーズしたり、
見ていて好奇心をそそられます。

サッカーでW杯を制するって、
超〜、すごいんです。

男子だったら、あり得ない。
でも女子でもあり得ない、
だからすごい。

本当におめでとうございます。

なでしこは、楽しそうにサッカーしますね。
それが一番うらやましいです。
posted by kotobukifp at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

日本体育協会からのお知らせ

サッカーコーチのライセンス保有者に対して、
コーチ募集依頼、部活の顧問募集のメールが来ました。

さっそく申し込みました。

どうなることやら。

仕事があるので、できても月に1−2回だと思いますが、
何か新しい出会いがあれば、と思います。

私の教え子はもう大学1年生です。

仕事を効率化して、サッカーを通じて子供と触れ合う時間を増やしたいです。

ジュニオールにも教えてあげたいですね。
posted by kotobukifp at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

ちょっと遅いけど中村俊輔選手引退

横浜Fマリノスの中村俊輔選手が、
日本代表を引退するというニュースが流れて間もなく1カ月。

私はプロでは無いので、的外れかも知れませんが、
選手としてのピークを感じたのかも知れませんね。

私は、コーチとして子供に教える関係上、
伸びる選手しか基本的にはいないのですが、
自分と同い年の中村選手が、
サッカーという過酷なスポーツで、
色々な意味で限界を感じたり、
区切りをつけたいと考えるのも、
わかるような気がします。

あくまでも、気がするだけです。

木村監督の慰留も実らず。

最近、木村監督にはお会いしておりませんが、
シーズンが終わったら、
中村選手、中澤選手のことなど、
色々聞いてみたいです。

中村選手には、マリノスを優勝に導いて欲しいです。

にわか木村和司監督ファンですが、
応援しております。
ラベル:中村俊輔
posted by kotobukifp at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

アメリカ敗退

昨晩の予想がさっそくはずれまして、
アメリカが敗退しました。

残念です。

イングランド対ドイツ、
アルゼンチン対メキシコ

楽しみですね〜。
posted by kotobukifp at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

W杯優勝予想。

ズバリ、アメリカです。

はい、コンフェデの結果を見ての予想です。

正直なところ、予選中は敗退の気配が強く、
言いだせませんでしたが、
決勝トーナメントに進出したので、
心置きなく予想できます。

でも、私の予想はあてになりません。

日本代表は、分け、負け、分けの勝ち点2の予想でしたので。

頑張れニッポン。
posted by kotobukifp at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表への危惧

サッカーW杯決勝トーナメント進出、
おめでとうございます。

一点目、すごかったですね、本田のFK。
私は、二点目の遠藤のFKに感動しました。
涙ものです。

本田の一点目が伏線となって、完全に意表をついていました。
4年前のW杯での苦い経験から解き放たれたであろう
遠藤のFKでのゴール。
いやぁ、感動でした。

岡崎の3点目は周囲も盛り上がりませんでしたが、
デンマークは完全に戦意喪失でしたね。

そして、長友は予想通り、オファー殺到。

しかし、これからです。

8年前、日韓W杯のとき、
トルコなら勝てる!と思った方多かったのでは?

私は、当時冷静に強いなと思っていました。

パラグアイに対しても、
意味のない慢心は慎んでもらいたい、特にマスコミ。

ここまできたら、勢いのあるチームが勝つのでしょうが、
楽観ムードは慎みましょう。

でも、頑張れニッポン。

川島成長したなぁ。
しかも勢いもある。
posted by kotobukifp at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

W杯 アフリカ勢の1stゴール

開幕戦の南アフリカ対メキシコ戦。

途中からTVを見たのですが、
南アフリカのチャバララ先週のゴールに感動しました。

体が震え目が熱くなりました。
8万人の大観衆が雄たけびをあげたことでしょう。

日韓ワールド杯を思い出しますし、
ドイツワールド杯では、玉田選手が目の前で
ブラジルから先制点を奪取したことも思い出しました。

興奮と感動で体が震えたのを覚えています。

きっと世界中に感動を与えたんだろうと思います。

野球のWBCのイチローのサヨナラヒットとは
違う感動なんですね。不思議です。

サッカーはテレビで見たほうがわかりやすいのですが、
感動を味わいたいなら現地で見たほうが良いですね。

次回のW杯は見に行きたいですね。
posted by kotobukifp at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

日本VSイングランド

昨日のサッカー日本代表VSイングランド代表。
久々に試合をテレビ観戦しました。

イングランドのパス回しが悪くて救われた面もありますが、
私は可能性を感じさせる試合だと思いました。

あとは縦へのラストパスがほしいので、
中村(け)を入れたいですね。
速攻ができないのはつらいです。

大久保はディフェンスが良かったですね。

長友はW杯終了後海外移籍でしょうね。圧巻でした。

後半途中で、松井が入りましたが、
両サイドを玉田と石川(代表落ち)にして、
トップ下に中村(け)を入れても良かった・・・かも。

イングランドはやはり日本より層が厚いですね。

全体的に今年の代表戦の中では面白かったのでは?

本番も期待しましょう。
批判してもしょうがないですから。

川島凄いですね。
posted by kotobukifp at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

W杯サッカー 日本代表選出について

先ごろ、2010年サッカーワールドカップ
南アフリカ大会の日本代表メンバーが発表されました。

私は、日本のサポーターのブーイングには反対を表明します。

特に、監督経験のない方、サッカー未経験の方のブーイングであれば、
なおさら反対です。

日本代表が頼りないのは今に始まったことではないし、
それでも私たちよりは上手いのです。

Jリーグでの得点ランク上位者が入っていない点も、
いきなり代表チームに入っても、
フィットしないし、それであれば、
なじむメンバーでやればいい。

FWがラストパスを引き出せないようなチームワークで
望むのなら、さらに悪い結果になると思います。

草サッカーレベルと違うかもしれませんが、
ひとつの考え方として、
チームとしてのまとまりが大切だと思います。

また、私も監督を経験しましたが、
かなりプレッシャーがかかります。
私の場合は、子供たちの夢をかなえたいと必死でした。

なんというか、岡田監督にプレッシャーかけすぎじゃないの?
と思います。

岡田監督の実績を忘れたのでしょうか、
コンサドーレ、マリノス、その他、
いずれも考えうる範囲ではトップクラスです。

同じメンバーをオシム前監督が選んでも文句を言うのか?
おそらく、否でしょう。

さらに、オシムで負けたら選手の責任。
岡田で負けたら監督の責任、
は明らかにおかしい。

日本人と、日本のメディアは、
煽動に偏りすぎではないかと思います。

少なくとも、私や文句を言うあなたよりは良い監督のはずだ。

一度決まったこと、決めたことに文句を言うのはやめたいなと、
人生に対しても、仕事に対しても、サッカー日本代表に対しても、
そう感じます。

頑張れ日本。

あとは、みんなで精いっぱい応援しませんか?
生卵とか投げないように。
posted by kotobukifp at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

ミスターマリノス 監督就任か?

ミスターマリノスこと、木村和司さんが、
横浜Fマリノスの監督に・・?
というニュースが流れております。

和司さんとは交流がありますので、
なったら楽しみですが、
サッカースクールはどうなるんだろうか、
といらぬ心配もしてしまいます。

でも、やはり見てみたいですね、
監督「木村和司」

かなり鬼監督になりそうな予感です。
ラベル:木村和司 
posted by kotobukifp at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

1年ぶりのサッカーコーチ

昨年、中体連の都大会でベスト4で敗退してから、
約1年ぶりに、練習試合を見ました。

私の母校、慶應中等部対、
足立第四中学校。

既に、3年生は引退しており、
当時1年生だった彼らの代になっていました。

今まで4代に亘って、サッカー部を見てきましたので、
代替わり当初は弱いのはわかっているのですが、
昨年の代が強すぎたため、
なんとなく不安に襲われました。

期待感があるのは、GKからトップ下までの
縦のライン。
弱小チームであれば、パワーで粉砕できそうです。

ただ、上位を狙うにはサイドが弱い印象。

現1年生が、今後どの程度伸びるかで、
大会での成績が変わりそうです。

現一年生は、結構期待できそうな子供が多く、
特に、一人、小柄にも関わらずあたりの強い子がいて、
その子が中心になりそうな予感。

定期的にコーチできればいいな、
と思いつつ、筆を置きます。
posted by kotobukifp at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

昨日のW杯最終予選を見て

こう見えて、サッカーコーチです。

昨日の試合を見ていて、
いくつか思ったのですが、

・予選を通過したから、モチベーションの維持が難しいですね。

・岡崎は良い選手ですね。
・興梠も良い選手ですね。
・けんごうのパスは縦に早くて良いですね。
・橋本は動きが悪かったですね。
・あべはボールが足についてないですね。
・トゥーリオのパスは意外と通りますね。

率直な印象としては、
モチベーションに差があるなと感じました。
動きが悪かったのは、疲れかも知れませんが、
遠藤の偉大さを感じました。

遠藤ジャパンですね。

ところで、
ユースで戦っていたころの、
岡崎や、興梠は、
いまいちだなと感じておりましたが、

代表クラスとプレーすると、
能力が発揮されますね。

彼らも頑張っていたんでしょうけれど、
僕は、彼らが今日のように伸びるとは、
ついぞ思いませんでした。

むしろ、今野が素晴らしいと感じていたのですが、
伸び悩んでいる様子。

選手の見極めって難しいですね。

やっぱり、発掘する監督の慧眼ですね。

ところで、昨日の解説では、
予選を通過して気を抜いちゃいけない、
という発言が無くてよかった。

普通、人間は気が抜けます。

解説者より、選手の方がよっぽど頑張っているのですから。
posted by kotobukifp at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

頬が痛くなります。

フットサルグランドや、
体育館でフットサルをやると、
決まって頬が痛くなります。

土のグランドだと、
そうはならないのですが・・・

ホルムアルデヒドとか、
そういった類の影響でしょうか?

汗をかいた後に、
痛みが生じます。

顔を拭いても痛いです。

なんででしょう・・・
posted by kotobukifp at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

C級指導員のリフレッシュ研修会

取得して間もなく4年が経過しようとしております。
日本サッカー協会公認C級指導員。

4年間で40ポイントが獲得できなさそうなので、
登録をやめようかと思っていたら、
指導校があるので20ポイントクリアし、
研修会を探したらちょうど20ポイントの研修を発見。

いつも参加できないのですが、
ちょうど日程も会って、
無事に受講できました。

それにしても、
サッカー協会は、我々市井の指導者の事を、
まったく軽んじているため、
4年間40ポイント満たすのが、
結構大変です。

例えば、
海外への視察7泊8日とか、
Jビレッジでの宿泊研修とか、
そんなのばっかりです。

あの、私らサラリーマンなの、理解されていますか?
と何度も嘆き続けました。

サッカーの草の根を支えるのは、
サッカー好きだけど、サッカーをしたこの無い蘊蓄指導者ではなく、
子供が好きで、サッカーが好きな、我々のような、
お金にならないけど、ボランティアで教えちゃう、
そんな男気のある男女なのです。

その辺をご理解いただきたい。

草野球だってそうだけど、
子供好き、野球好きのおじさんおばさんが支えています。

草サッカーだっておんなじです。
高みを目指して、指導者資格を導入するのは結構な事ですが、
我々現場の環境にもっと配慮してもらいたいものです。

昨年、中体連の都大会で、
顧問がB級講習で欠席して、
負けている学校がありました。

参加する顧問も顧問ですが、
日程をダブらせる協会と中体連も配慮が足りないと思います。

はっきりいって、子供がかわいそうです。
折角一生に一度あるかないか、
都大会まで進んだのに、
顧問がいなくて(相手が強かったので
居ても負けていたと思いますが)、
負けたとあっては、一生悔いが残りませんか?


と、愚痴になってしまいましたが、
本気で再考を促したい。

私は、久々のサッカーということで、
バテバテで、怪我もしましたが、
同年代の指導者仲間と交流を深め、
早く復帰したいという願望が強まりました。

私の、趣味、サッカー指導は、
やはり間違いではないですね。

楽しかった―。
S学園のO先生。
またお会いしましょう。
posted by kotobukifp at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

都大会終了

今日、無事に東京都大会が終了しました。

現在決勝戦が行われているのですが、
わがチームは三位決定戦も敗れて4位。
関東大会進出はなりませんでした。

しかし、いいチームに育ったものだと感心しました。

1年生の時にすでに大器の片りんを見せていた、
FWのK君とMFのR君。

入学時に私が、主力になりそうだと感じた、
DFのK君とT君。

予想以上の成長をした、
DFのT君とMFのN君。

規格外のモンスターに変貌した、
GKのO君。

他にもみんな成長しました。
自主的に走りこんだり、
毎日朝練したり、
練習メニューを考えたり、
ラジバンダリ。

私にとってコーチをするのに、
中学年代が一番合っているような気がします。

幼稚園、小学生は6−9年間があまりにも長く、
コーチと選手がお互いに慣れてしまいます。

高校生はすでに成長しており、
成熟期なので、あまり自分の出る幕が無い気がします。

中学生が、身体的にも精神的にも成長期にあり、
彼らを見ているだけで、自分も成長しました。

今日で中学生としては引退ですが、
実は、高円宮杯全日本ユース(U−15)サッカー選手権があります。

こちらもさらに頑張って、
関係各位から注目されるようになってほしいです。

彼らの暑い夏はまだまだ終わりません。
posted by kotobukifp at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

都大会続報

中学サッカーの続報です。

初戦5−0
二回戦3−1
三回戦2−0
準々決勝1−0
で勝利。

現在、東京都ベスト4。
高円宮杯も予選免除になりました。

子供たちの人生が変わり始めたと感じます。
これからが、正念場。

私には、応援することしかできませんが、
部員全員にがんばってほしいと思います。

posted by kotobukifp at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

サッカー部その後

気になっている方もいると思い、
その後を書きます。

無事に、予選のブロックを1位で通過し、
来週から都大会です。

楽しみです、
どこまで通用するのか。

posted by kotobukifp at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

足立区ナンバー1

私がコーチを務める某公立学校が、
先週夏季大会で足立区No.1になりました。

いろんなトロフィーや、旗やら、
優勝グッズをもらっており、
コーチなのに羨ましいなーと、思ってしまいました。

今日から、都大会出場に向けて、
試合が始まっていますが、
私は仕事やら所用で参加できないので、
何も協力できず、歯がゆいです。
吉報を祈って待つばかり。

もてる力を発揮できれば、
都大会出場はおろか、
都大会決勝まで進める力があります。

がんばれ、少年達。
posted by kotobukifp at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

サッカー岡田ジャパン影の功労者

サッカー指導者としては、
こんなことを考えてはいけないのかもしれないが、
6/8のW杯予選のオマーン戦。

馬鹿なことしてしまったのは、大久保だが、
松井が相手を退場にしたことは、
実は影の功労者ではなかろうか?

松井が押し倒されなければ、
日本代表は10人対11人で、
押し込まれていたはず。

そう考えると、
松井のプレーがありがたく思えてならない。

負けなくて良かった・・・
posted by kotobukifp at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

快勝岡田ジャパンの裏、川淵キャプテンの院政

昨日、
W杯アジア3次予選で、
日本代表は、オマーン代表とホームで戦いました。

結果はご存じのように
圧倒的なボール支配率で3−0の勝利。

狭いスペースでのパス回しなど、
子供たちに見てもらいたい内容ばかり。

そして、というか、しかし。
試合後の川淵キャプテンのコメントには、
異議を唱えたいと思います。

負けたら、アウエーで、
キャプテン自ら指揮を執ると。

いやー、よくある勘違い。
自分が監督として、優秀だと認識しての発言でしょうか?
もう、完全に独裁制というか、院政になってますね。

日本のサッカー界を発展させて功績は、
大きいと思いますが、
ちょっと老害になりつつありますね。

私がもし選手だとして、
えらそうな監督がきても、
嬉しく無いですよ・・・

だれか、後任はいないんでしょうか?

ただ、現在の幹部連は、高学歴が多く、
最近のトッププレーヤーは、早い段階で、
プロになるので、経営能力や、基本的な学力が、
あんまり高くないと思います。

実際、元Jリーガーに話を聞くと、
英語も分からず、パソコンも使えず、
という事実を聞くと、
若手が、幹部になるのは心配です。

宮本など、それなりの大学まで卒業している人が、
良いんでしょね・・・

posted by kotobukifp at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

二大会連続の都大会出場へ。

私がコーチとして参加している、
足立区の某公立中学校が、
春の大会で都大会出場をものにしました。

前回、冬の大会では東京都ベスト8(暁星に延長で敗退)
春のエベカップ優勝、
と順調に実力を伸ばしています。

おそらく、現在足立区で圧倒的に一番強いです。
今大会、私は仕事で都大会に行かれませんが、
上位に食い込む力があると思っています。

試合中のコーチングができないのが残念ですが、
がんばってもらいたい。
優勝目指せる力があるはずです。

結果を乞うご期待。
posted by kotobukifp at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする