2016年04月28日

第48回 経営指針作成部会 4日目

司会が終わってホッとしてしまいました。
GW前最後の講座。

4つのグループに分かれてのディスカッションです。
私の参加したチームは、職人系のお仕事のお二人でした。

模造紙に書いた、企業目的と事業目的を表すキーワードを読んで、
先輩経営者と直近の私たちがコメントをしていきます。

深いことをいえるようなレベルではありませんが、
自分が社員だとしたら、社長の課題をどのように評価するだろうか、
という視点でコメントしました。

上から目線とか、怒られそうとか、
先輩経営者からの自由闊達な意見にへこむ受講生。
いつか来た道。気持ちはわかります。

でも、ここを乗り越える必要があるのです。

2時間のディスカッションの後は、
経営方針、経営戦略、社風づくりの講義。

脳みそがエネルギー切れになる3時間でした。
ディスカッションは受講生でないと楽しい!と感じます。
※厳密には自分も仮免許受講生です。

自分が受講していたときは、
客観視できていなかったと反省。
面白い勉強ができました。
【関連する記事】
posted by kotobukifp at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

第48回 経営指針作成部会 3日目

3日目の経営指針作成部会。
司会は私。唯一の社員動向推奨日です。

進行慣れしているつもりでしたが、
大勢の経営者と、受講経営者の前で、
失敗できない緊張感がありました。

すごい迫力・・・汗

まずは、宿題の発表から。
企業目的、事業目的を発表し、
先輩経営者からコメントいただきます。

1人1人なのですが、延長延長。
話が長い人は嫌われますよ!と言いたいくらい、
皆さん熱く語ります。

その後改めて、企業目的と事業目的の講義。
休憩をはさんで、経営理念の導き方について講義。

皆さん、熱心なのですが、
社員さんを連れてきた経営者は二人だけ。

もったいない。二度とないチャンスを逃しましたね〜。
チャンスの女神は前髪が無いと言われますが、
社員さんのフィードバックを受ける貴重なチャンスを、
2人しか手に入れることができませんでした。

この部会自体をチャンスとしてつかむことができるのは、
果たして何人いるのでしょうか?

私も含めてチャンスを生かせるか?
経営者としての覚悟が試されます。
生半可は許されない、経営指針作成部会。

すでに3人リタイアしております。
経営と同様、過酷なサバイバルレースと化しています。

最後は、模造紙の宿題解説をして終了。

終了後は、司会の重責を終えた自分に乾杯したく、一杯飲みました。
先輩たちは終電コース?

勉強会も交流会も身になる時間となりました。
posted by kotobukifp at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

第48回 経営指針作成部会 2日目

2日目の第48回 経営指針作成部会。

前回の宿題であった企業変革支援プログラムの結果発表からスタート。
社長、役員、社員との意識の差、現状認識の差が表れるこの課題。

ギャップがあっても悩ましく、
ギャップが無くても数値自体が低いとより悩ましいという、
経営者泣かせの課題です。

前回私が気づいたのは、
自分自身の無限の可能性。
伸びしろしかない・・・笑

続いて、
経営目的についての講義、
労使見解の講義、
経営理念づくりについての講義。

参加者感想を終えて無事に3時間の講座が終了。

脳みそが疲れます。

終了後は、47部会と48部会の情報交換会。

改めて落ち着いて受講することで、
新たな気付きを得る仕組みの経営指針作成部会、
連続参加制度。

これで○○万円はリーズナブルですね〜。
これから毎週飲み会なので体調に気をつけねば。
posted by kotobukifp at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

第48回 経営指針作成部会スタート

待ちに待った、というべきか、
神奈川県中小企業家同友会の名物講座である、
経営指針作成部会の第48回目がスタートしました。

司会進行は、我らが部会長。
レインボウ・クルーの橋本社長。
元プロのハードロックドラマーです。
心が熱い!

私は47部会のため、今回の48部会の全出席をもって、
晴れて卒業となる見込みです。
※直前の部会の参加者は、まだ受講生という位置づけです。

自分の部会では、先輩経営者のコメントが理解できず、
消化できず、吐き出したり、無理やり飲み込んだり、
色々悪戦苦闘しましたので、経営指針の仮免許を取った今。

これからは、路上でおっかなびっくり経営指針に磨きをかける段階。

経営労働委員長が交代し、記念すべき1回目。
我々受講生も緊張が漂います。

講座の内容は、経営指針の解説や、経営者としての夢の書き出しなど、
理念経営を始めるにあたってのはじめの一歩となる内容。

わたしも改めて書き出しましたが、
昨年勉強したことの見直しのなか、
自社の創業理念との邂逅。

続いて、企業変革支援プログラムの説明と、
次回までの宿題の説明を経て、
3時間にわたる経営者の、経営者による、経営者のための講座の初回が無事に終了。

終了後は先輩経営者の方との交流会。

といっても、既存の参加者は皆さん顔なじみ。
私は、同期や知り合いの先輩経営者の方と談話。
48部会の皆さんは、まだなじめず居心地が悪そうです。

居心地の悪い環境で、自分に変化を起こすことも、
経営者にとっては必要であると感じます。

次回も楽しみです。

経営指針を作成していなかったら、
今頃弊社は存在していなかったかも・・・
と思える今日この頃。

自社経営も頑張ります。
posted by kotobukifp at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

ファイナンシャルプランナーが独立するとはどういうことか?

ファイナンシャルプランナーとして独立する。

この言葉は色々なとられ方をします。

FPって儲かるの?
FPって儲からないでしょ?
お金持ちがお客さんなの?
保険販売なの?
不動産販売なの?
証券販売なの?

誰一人として家計管理という言葉は出てきません。
家計管理っていう言葉自体が認知度が低いのかもしれません。

FPの仕事の大半は、家計管理なのです。
家計管理に始まり、終わる。

家計管理を極めたものは人生を極める、
と言ってもいいくらい重要です。

無理な節約、理解できない商品への投資、
世間に煽られた証券投資、保険や共済の購入など・・・

家計管理ができないと、上記無駄な時間とお金を使うことになります。

どうすれば、家計管理ができるかというと、
定番ですが、家計簿をつけることから始める必要があります。

今の時代は、アプリがありますので、アプリを活用して、
省エネ(手間の意)で家計簿が付けられます。

家計簿がついたら、家計分析をします。
自分の支出傾向を探り、無駄を排除し、
もっと満足度の高い支出を増やします。

PDCAです。
仕事と同じです。

ほとんどの方が、家計簿づけで終了します。
DOで終わります。

分析も改善も計画もありません。

ひたすらDOなのです。
ジャスト・ドゥ・イット、といった企業がありました。

家計管理はそれではだめなのです。
レッツPDCA。

これが勝利の秘訣です。

家計管理をお手伝いするFP。
これが、すそ野が広くニーズの多い仕事の受け方だと断言できます。
posted by kotobukifp at 20:17 | TrackBack(0) | お役立ちマネー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

実務家FPとしてキャリアを積むためにすべきこと、考えるべき事

ファイナンシャル・プランナーの有資格者向けに、
独立系FPはどのような仕事をしているのか、
どのようなステップを経ているのか、
などを発表する機会がありました。

定員40名でしたので、参加できない方もいらっしゃったと思われます。
一部要約を載せたいと思いますので、
ご興味ある方はご覧ください。

下記、内容のセミナーを
レベルアップSGのキックオフでもお伝えする予定です。

下記実務家とは独立系FPを指しているものとご理解下さい。
■実務家を目指すステップ
目標設定→現状把握→ギャップ解消→評価

■現在の業務内容
今の仕事:企画、相談、執筆、講演、事務処理
これから増やしたい仕事:企画、イベント、法人向け相談、商品設計
減らしたい仕事:事務処理

■現在の週間スケジュール
めるまがをご覧ください。
http://www.mag2.com/m/0001671986.html
かなり忙しいという実感があります。
誰か助けて・・・!

■私のFPキャリア構築
2001年慶應大学卒 商品取引会社
2004年ジブラルタ生命
2007年寿FPコンサルティング

■私のFP資格取得履歴
2001年3級FP
2004年AFP
2008年CFP

■私のFP協会業務キャリア
2009年くらしとお金のFP相談室 補助員
2010年くらしとお金のFP相談室 相談員
2011年不動産住宅ローンSG横浜 設立
2012年広報センター スタッフ
2015年FPフェア講師、PFI
2016年実務家FPレベルアップSG 設立

■私の6分野レベルアップ
不動産SGの設立、参加により不動産の知識、相談レベルが
飛躍的に向上。不得意分野が得意分野になる。

■FP実務レベル
一般的。企画力に強み。

■FP知識レベル
一般的。リスク系に強み

■実務経験を積むためのキャリア形成作戦
・実践の場を作る
・インターン
・消費者体験
・実践の場に参加する

■独立した専門家としてのこころ構え
・自己責任の徹底
・専門家としての責任の重さ
・誰をみて仕事をするか
・家族の理解

■専門性
・どの分野を選ぶか
・ニーズの確認
・差別化
・対価

■バックオフィス
・企画
・資料作成
・経理
・研究開発
・品質管理

■まとめ

以上。
posted by kotobukifp at 13:28 | TrackBack(0) | FP スタディグループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

新しいメルマガをリリースしました。「独立系FP高橋成壽の一週間をのぞき見」

久しぶりにまぐまぐで無料のメルマガを新規発行しました。

「独立系FP高橋成壽の一週間をのぞき見」というタイトルにしました。

読者ターゲットは
・今後FPとして独立したい方(独立準備中の方、独立のイメージをつかみたい方)
・すでにFPとして独立している方(もう少し活動を増やしたい方)
・筆者のファン(!!)

です。

読者登録は下記URLよりお願いします。
http://www.mag2.com/m/0001671986.html

今のところ週刊ですが、不定期刊にならないよう頑張ります。

さっそく、創刊号を発行してあります。
是非ご覧ください。
posted by kotobukifp at 16:06 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

【メディア掲載 読売新聞】2016年2月25日朝刊 介護保険について

【メディア掲載 読売新聞】
2016年2月25日朝刊16ページくらし面
 
「なっ解く おカネ」コーナー 民間の介護保険商品
という記事にコメントが掲載されました。
 
経済面ではないので、大きなニュースで飛ぶこともなかったみたいです。
私のコメントはほんのちょっとですが、こんなに大きな記事になるとは思いませんでした。紙面の半分以上の幅。
 
名前には丁寧にふり仮名をあててもらいました。
介護保険に興味のある方、そろそろ親の介護が心配な方は、
ご購読ください。

今日中でしたら、駅の売店とコンビニにおいてあるはずです。
posted by kotobukifp at 10:35 | TrackBack(0) | メディア露出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

読売新聞(全国版)2016年2月25日朝刊 くらし面に取材コメントが掲載される予定です。

一年ぶりに、読売新聞の担当記者の方からご連絡をいただきまして、
ある保険に関する質問をいただき、回答させていただきました。

詳細は、ご購読いただきたいのですが、
高橋ともう一人専門機関の方のコメントが掲載されるようです。

図らずも、生命保険の専門家として世に認知され、
新聞、テレビ、銀行などから情報を求められているようです。

取材の意図に沿った回答ができたか不安もありますが、
ご高覧いただければ幸いです。
posted by kotobukifp at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

新生銀行 マネーレッスン 保険の有効活用術 連載第三回アップされました。

ご好評いただいております、
新生銀行 マネーレッスンの連載第三回がアップされました。

タイトルは「相続対策に活用できる保険」です。

是非ご一読ください。
posted by kotobukifp at 00:00 | TrackBack(0) | お役立ちマネー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

フジテレビ グッディさんに取材していただきました。


先ほど、フジテレビ 直撃LIVEグッディの制作の方からお電話がありまして、
マネーに関する動向について質問をいただきました。

ニュースになるかどうかは、現場の方針ですが、
興味深いニュースになるといいなぁと思います。

また、私も出演の機会をいただけると嬉しいです。

企画段階からお手伝いできるのも、
取材の醍醐味だと感じます。

セミナーもそうですが、メディアを通じて情報を発信し、
社会の役に立つファイナンシャルプランナーを目指しております。
posted by kotobukifp at 21:40 | TrackBack(0) | メディア露出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年2月22日、23日。横浜そごうで50代・60代 女性向けマネーセミナーを開催します。


久しぶりに横浜駅で50代〜60代の女性向けのセミナーを開催します。

■主な内容
主に老後にかかるお金について、
・年金対策
・親や自分たちの介護の準備
・医療費
・相続の準備
・上手な家計管理
・これから必要なお金の計算
・失敗しない金融商品の選び方

■会場:横浜そごう
■日時:2月22日(月)11:15〜、2月23日(火)11:15〜 各回90分
■定員:8名
■参加費:無料
■予約:要予約(受講票を発送しますので、お名前、住所、連絡先をお知らせください。)
■お申し込み方法:寿FPコンサルティング 045−869−3276(担当:田村)

ご参加をお待ちしております〜。
posted by kotobukifp at 21:36 | TrackBack(0) | セミナー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

2016年4月の相談受付開始します。

2016年4月の土日相談受付を開始します。

■4月2日(土)
10時
13時
15時半
18時
■4月9日(土)
10時
13時
15時半
18時
■4月29日(祝)
10時
13時
15時半
18時
■4月30日(土)
10時
13時
15時半
18時

お早めにお問い合わせください。
posted by kotobukifp at 22:56 | TrackBack(0) | 予約受付開始 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

学資保険の資料請求をすると、こうなります。

横浜のファイナンシャルプランナー
FP王子こと高橋成壽です。

かつては元本割れが当たり前でした学資保険も
最近は、元本割れしない商品が増えてきました。

元本割れしない分、保障としての要素があまりない商品が多いんですが・・・

ところで、最近学資保険の資料請求をWEBでされる方が増えていると思います。
資料請求ですから、資料だけ送ってもらうのがベターなのですが、

実際に加入する際には、保険会社のプランナーさんと合わないといけません。
※生命保険は基本的なルールとしてプランナー(募集人)と会って加入となります。
※ネット生保はプランナーと会わなくても加入できますが、学資保険の取り扱いはありません。

実際に、プランナーと会ってみると、
学資保険の話はほとんどしてもらえず、
売りたい保険の話ばかりされてうんざりした・・・という声が聞かれます。

なぜ、この保険会社のプランナーが学資保険の話をほとんどしなかったか・・・?
わかりますか?

かつて保険業界に在籍された方、現在保険業界に在籍中の方ならお分かりになるでしょう。
営業成績上の問題です。
学資保険とか年金保険など、資産性があって、名前だけで売れてしまう保険商品は、
営業成績上のカウントがつかないか、あってもごく僅かなのです。

ですから、本音を言えば販売するインセンティブは無いわけです。

実際に、保険会社にとって学資保険は、お客様とプランナーをつなぐ接点としての
位置づけにしている会社がおおく、学資保険をきっかけに、
保険会社が儲かる商品を売るための機会をつくる商品、
それが学資保険となります。

これを知ってしまったら、
学資保険の資料請求や相見積をする気にならないですよね?

ですから、安易な資料請求は、
煩わしさを増やす結果になる可能性があることを
心得てください。

posted by kotobukifp at 00:00 | TrackBack(0) | お役立ちマネー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

新生銀行 マネーレッスンの連載第二回目がアップされました。

こんにちは、寿FP 高橋です。

お蔭さまで、新生銀行さんのコラム連載
第二回目がアップされました。

本文はこちら

年末年始の保険見直しの参考になさってください。

posted by kotobukifp at 16:28 | TrackBack(0) | お役立ちマネー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする